1. TOP
  2. 人探し
  3. 捜索願の出し方!警察に届けを出す時に必要な書類

捜索願の出し方!警察に届けを出す時に必要な書類

人探し   126 Views
捜索願の出し方!

捜索願はどのようにして出せばいいのでしょうか!

 

警察に捜索願を出す時に必要な書類などを紹介します!

 

自分の息子や娘が家出してしまったり、旦那や妻が駆け落ちしたり、意外と捜索願を出さなくてはいけなくなるような状況は多いです。

 

警察に捜索願を出すことになるのですが、その際、どのようにして警察に申請すればいいのか、考えたことはありますか?

 

警察に行った際に「書類が足りません」と言われ対応を後回しにされるよりも、

ちゃんと書類を揃えておいて警察に捜索願を出したほうが円滑に話は進みますよね。

 

今回は、警察に捜索願を出す際に必要な書類と、どこに出せばいいかなどを考えてみましょう。

 

Contents

1 そもそも、警察に提出する「捜索願」とは?

まずは、警察に提出する捜索願の概要について紹介します。

 

そもそも、警察に提出する「捜索願」とは?

 

捜索願は、現在では「行方不明者届」と名前を変えていますが、意味自体は昔と変わりません。

 

その意味は、「住居を離れて消息がつかなくなってしまった者(行方不明者という)を探し出す」といった意味があります。

 

捜索願を出すことで、警察全体で「〇〇に住んでいる〇▽さんが行方不明です」という情報が行き渡り、どこにいるのか探し当ててくれます。

 

まずはこの捜索願を出さないと、警察としては探しようがありません。

 

自分の身内や身近な人物が行方不明になってしまった際は、まず警察に行って捜索願いを出すようにしましょう。

 

2 警察に出す捜索願を出すために必要な書類は?

警察に捜索願を出すために必要な書類についても紹介します。

 

そもそも、警察に提出する「捜索願」とは?

 

2-1 行方不明者の個人情報が記載された住民票など

警察に捜索願を出す場合は、行方不明者の個人情報が記載された住民票などが必要です。

 

その住民票自体を提出する必要はありませんが、警察から間違いなく行方不明者の個人情報を求められるため、あると便利です。

 

警察によっては捜索願を出す際に「提出する必要はないけどできればください」と、コピーなどを取る可能性もあります。

 

個人情報の中で警察が捜索願を受理するのに必要な情報は、

・行方不明者の氏名

・本籍

・住所

・生年月日

です。

 

住民票を発行した場合、必ず記載されている情報です。

 

注意したいのは、「本籍」も必要になりますので、行方不明者の本籍が記載されている住民票を持っていくようにしましょう。

 

自分の家族の捜索願を出す際は特に問題はないかもしれません。

 

例えば、自分の孫や姪甥、自分の会社の従業員など、家族以外の人の捜索願を警察に出したい場合は、

その人の家族に本籍地記載の住民票を出してもらってください。

 

2-2 住民票に記載されていないような、身体的特徴など

警察に提出する必要がある捜索願の書類ではないのですが、警察からは「行方不明者の身体的特徴」も求められます。

 

例えば、「行方不明者の顔写真、全体写真」「身長・体重などの体格」「怪我、やけど痕などの外見に特徴」「失踪時の服装」「行方不明者の所持品」です。

 

外見などに特徴がある場合は、警察も探しやすくなります。

 

このような情報が記載されている書類は、会社などの健康診断書くらいのものですが、参考になるかもしれないので、可能なら持っていきましょう。

 

とはいえ、健康診断書の提出は必要ありません。警察に捜索願を出す際に情報を口頭で伝えるだけで構いません。

 

2-3 失踪した当日の情報

警察に捜索願を出す場合は、行方不明者が失踪した当日の状況も説明が求められます。

 

まず絶対に必要なのは「失踪した日時」「行方不明者がよく行っていた場所」です。

 

また、行方不明者に「持病」がある場合も警察に伝えてください。なぜ失踪したかわかる場合も、警察に隠さずに全て伝えてください。

 

2-4 警察に捜索願を出す人(つまり自分)の本人確認書類と印鑑

警察に捜索願を出すのは、当然ですが「行方不明者」ではありません。

 

行方不明者を探したい自分自身です。

 

そのため、警察に捜索願を出す際には「自分自身の本人確認書類」と「印鑑」が必要です。

 

捜索願自体は警察署で記入することができますが、その際に運転免許所やパスポートなどの本人確認ができるものの提出が求められます。

 

また、書類にサインしなければいけないので、印鑑も忘れないでください。

 

3 警察に捜索願を出す場合、どこに出せばいいの?

警察に捜索願を出したい場合、どの警察署に行けばいいのか迷う人はいるのではないでしょうか。

警察に捜索願を出す場合どうすればいいのか見ていきましょう。

 

警察に捜索願を出す場合、どこに出せばいいの?

 

3-1 捜索願を出す警察署について

人が行方不明になったのだから、どこの警察署に捜索願を出したとしても対応してくれるわけではありません。

 

対応してくれる警察署を紹介します。

・行方不明者が行方不明となった時における住所又は居所を管轄する警察署

・行方不明者が行方不明となった場所を管轄する警察書

・行方不明者届を届出する方の住所又は居所を管轄する警察署

 

この3つの警察署が捜索願の対応先となります。

 

例えば、自分の住所が「福岡県福岡市博多区」で、行方不明者の住所が「福岡県北九州市小倉北区」、行方不明者が消えた場所が「大分県大分市」だった場合は、

「福岡県警察本部」「福岡県博多警察署」「小倉北警察署」「大分市中央警察署」となります。

 

福岡県警察本部は、福岡県博多警察署は、自分の住所と対応しているため、地元民の特権で警察に捜索願を出すことができます。

 

行方不明者の住所が小倉北区ですので、小倉北区にある警察署でも対応してくれます。

 

また、大分市に旅行へ行った際に行方不明になった場合、一番最寄りの警察署は大分の警察署です。

 

この場合は緊急事態ですので、大分市の警察署でも捜索願を受理してくれます。

 

3-2 交番でも捜索願を出すことが可能!

警察署の捜索願は「交番」でも出すことが可能です。

 

まず最寄りの交番へ行ってみて、その交番伝いで警察署に行方不明者の情報を共有し、最終的には警察署が捜索する流れになります。

 

ただし、交番に捜索願を提出する場合も、どこの交番でもいいわけではなく「行方不明者が行方不明となった時における住所又は、

居所を管轄する交番」「行方不明者が行方不明となった場所を管轄する交番」「行方不明者届を届出する方の住所又は居所を管轄する交番」になります。

 

交番で捜索願を出す場合も警察署で捜索願を出す場合と同様に、行方不明者の情報や自分の本人確認証、印鑑は必要です。

 

ちゃんと用意するようにしましょう。

 

4 捜索願を出せる人は?

警察に捜索願を出せる人についても紹介します。

 

捜索願を出せる人は?

 

捜索願を出したい場合に覚えておきたいのは「行方不明者と関係が近い人物」でないといけないということです。

 

例えば「行方不明者の家族や親族」「行方不明者の同居人」「行方不明者の恋人」「行方不明者の雇用人」「行方不明者の監視人(介護施設の老人が行方不明になった場合は、介護施設長など)」です。

 

行方不明者との関係が「赤の他人」の場合は捜索願を出すことができませんので、注意してください。

 

例えば「友達が行方不明になった!」「会社の同僚が行方不明になった!」ような場合は、彼らの親族に頼るといいでしょう。

 

5 警察は事件性が薄いと素早く対応してくれない?困ったら探偵事務所へ!

警察に捜索願を出したのですが、なかなか捜索してもらえなくて困っている人はいないでしょうか。

 

警察は事件性が薄いと素早く対応してくれない?

 

そのケースは充分に考えられます。

 

なぜなら、警察は「行方不明者がなんらかの事件に巻き込まれている場合でないと素早く対応してくれないから」です。

 

いわゆる「事件性」を重視しているため、事件性がないような行方不明の場合は、警察は他の仕事を優先してしまいます。

 

例えば「仕事を放置してどこかへ逃げてしまった従業員を雇用主が捜索したい場合」がいい例です。

 

従業員を探さないと雇用主にとっては利益に関係する問題となりますが、刑事的な観点からすると、なんの事件も起こってはいません。

 

放置されてしまう可能性が高いです。

 

そのため、自分が警察に出した捜索願が受理されたとしても、油断はできません。

 

そのような場合は「探偵事務所」に行方不明者捜索を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

警察は事件性がないと動いてくれませんが、探偵事務所に関しては依頼さえあればその依頼をこなすために全力を使って事件を解決してくれます。

 

行方不明調査に関しても同様です。

 

もちろん、探偵も事業ですので、調査料金は発生してしまいます。

 

しかし、警察と比べると間違いなく動いてはくれます。

 

そのため、行方不明者を見つけ出せる可能性が高いのは、断然探偵事務所であると言えます。

 

5 警察に捜索願の出し方まとめ!

今回は、警察に捜索願を出す方法について紹介しました。

 

警察に捜索願の出し方まとめ!

 

警察に捜索願を出す手順をしっかり理解することで、スムーズに捜索願を受理させることができます。

 

特に、絶対に持っていかないといけない「本人確認の書類」と「印鑑」は持っていきましょう。行方不明者の情報も同様です。

 

警察の対応が遅いと感じた場合は、探偵を雇って捜索する必要性も出てきます。

 

こちらも視野にいれておいてください。

 

行方不明人の警察の捜査方法や探し方

行方不明人の警察の操作方法や探し方を紹介します。

 

行方不明人の警察の捜査方法や探し方

 

自分の身内が行方不明になった時、警察に捜索願を出して行方不明になった人を探してもらうことを求めることになるでしょう。

 

警察が「行方不明人が事件に巻き込まれている」と判断した場合迅速に対応しれくれますが、

そうでない場合は他の事件を優先してしまいがちです。

 

今回は、事件に巻き込まれているパターンと巻き込まれていないだろうと判断された場合の警察の捜査方法や探し方を見ていきましょう。

 

1 パターン別に見る行方不明人の警察の捜査方法や探し方!

警察が行方不明になった人を探す前に、「この人はなんらかの事件に巻き込まれているのか?」とまず考えます。

 

パターン別に見る行方不明人の警察の捜査方法や探し方!

 

警察も職務に追われているため、どうしても事件と関連する失踪を優先し、そうでない場合は最低限の対応で済ませてしまいがちです。

 

そのため、同じ行方不明者でもいくらか捜査方法や探し方に差があります。今回は、その「捜査方法や探し方の差」について紹介します。

 

1-1 「一般家出人」を警察が探す場合の捜査方法や探し方

まずは「一般家出人」を警察が探す場合の捜査方法や探し方について紹介します。

 

一般家出人とは「事件に巻き込まれていないであろう一般の家出人」のことです。

 

例えば、中高生の息子や娘が家出したような典型的な「家出」はこのパターンです。

 

他にも、失踪した従業員を探し出すような場合もこの一般家出人に含まれる場合があります

(警察が失踪した従業員が過労などの問題で鬱になったと判断した場合はそれに限りません)。

 

この場合、残念ながら警察は積極的に捜査してくれません。

 

警察の捜査方法や探し方についても、最新の技術や全国のネットワークを駆使した捜査方法や探し方ではなく、

どちらかというと従来の「聞き込み(事情聴取)」や「パトロール、職務質問」などで行方不明人を探すことになります。

 

一般家出人は事件に巻き込まれていなくて、そこまで移動範囲もないため地元を捜査すれば事足りるだろうという考えから来た捜査方法で、

家出した少年少女などはそのくらいの捜査方法や探し方で見つかる場合もあります。

 

警察がパトロールや職務質問を繰り返して、たまたま一般家出人を見つけ出した場合、警察は彼らに「捜索願が出されていますよ」と注意してくれます。

 

未成年の場合は無理やり補導することができますが、行方不明人が成人している場合は強制的に連れ戻すようなことはせず、

捜索願を出した人に「この人はこのあたりに居ました」という連絡のみで済ませる可能性があります。

 

特別な料金などは必要ありませんが、それだけの情報だけでは事足りないことも多いため、やや頼りない捜査方法や探し方といえるでしょう。

 

1-2 「特異行方不明者」を警察が探す場合の捜査方法や探し方

一般家出人と違って、行方不明人が何かの事件に巻き込まれていると判断された場合は、「特異行方不明者」になります。

 

この特異行方不明者にはちゃんとした定義が存在しますので、まずは特異行方不明者の定義について見ていきましょう。

 

「行方不明者発見活動に関する規則第2条(警視庁より)」

この規則において「行方不明者」とは、生活の本拠を離れ、その行方が明らかでない者であって、

第六条第一項の規定により届出がなされたものをいう。

 

この規則において「特異行方不明者」とは、行方不明者のうち、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

一  殺人、誘拐等の犯罪により、その生命又は身体に危険が生じているおそれがある者

二  少年の福祉を害する犯罪の被害にあうおそれがある者

三  行方不明となる直前の行動その他の事情に照らして、水難、交通事故その他の生命にかかわる事故に遭遇しているおそれがある者

四  遺書があること、平素の言動その他の事情に照らして、自殺のおそれがある者

五  精神障害の状態にあること、危険物を携帯していることその他の事情に照らして、自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがある者

六  病人、高齢者、年少者その他の者であって、自救能力がないことにより、その生命又は身体に危険が生じるおそれがあるもの

 

出典:http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=421M60400000013&openerCode=1

 

例えば「殺人事件を起こしそう」「殺人事件の被害者になりそう」「災害に巻き込まれる可能性がありそう」「自殺しそう」「精神疾患などで身の危険」などの、

誰かの生死にかかわるようなパターンだと、特異行方不明者として扱われます。

 

さすがの警察でも、人の命の重要性はわかっているため、この場合は最優先で捜査してくれます。

 

その捜査方法や探し方に関しても、一般家出人の捜査方法や探し方とは大きな差があり、非常に頼りになります。

 

まず、全国の警察全体で聞き込み調査が行われ、テレビ番組やラジオ、新聞などのメディアにも行方不明人の情報を提供し、全国的に公開して捜査が行われます。

 

他にも、現代科学を駆使して行方不明者の情報を探し出してくれます。

 

1-3 未成年の場合はどちらに分類される?

未成年が行方不明になった場合、疑われるのは「家出」か「誘拐」です。

 

例えば、捜索願を出しに来た両親の話を聞いて「この家の子供は普通に家出したな」と判断された場合は、普通に「一般家出人」の場合と同様に扱われます。

 

逆に「家出するような要素がなくもしかしたら誘拐か?」と判断された場合は、特異行方不明者として捜査してくれる可能性があります。

 

捜査方法や探し方に差があるとはいえ、メディア等にも行方不明者の名前も載せられることになりますので、

万が一普通の家出だったときは恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

ただし、「小学生が行方不明になった場合」は、比較的特異行方不明者としてきちんとした捜査方法や探し方を取ってくれる可能性はあります。

 

小学生未満の子供は自分で生きる術を何も持ち合わせていないため、万が一普通の家出だとしても子供の生命にかかわるからです。

 

そもそも、小学生が家出するケースは少ないことも理由になります。

 

1-4 料金について!警察が「大規模な探し方を取らない場合」もあるため料金はかからない!

一般家出人の場合は、警察は全力で捜査してくれません。事件性がないことが理由です。

 

その場合、普段のパトロールや職務質問などの「普通の警察官としてあたりまえの職務」の中で捜査されることになりますので、

警察も特別な料金なしで行方不明者を探してくれます。

 

そのため、警察に捜索願を出した際に料金を取られるようなことはありません。

 

特異行方不明者の捜索方法や探し方は「手間と料金」がかかる可能性がありますので、その場合は後日請求される可能性がありますが、

その場合は「よっぽど時間的な猶予がない最終手段」ですので、ケースとしては非常にまれです。

 

例えば、山での遭難で民間のヘリコプターを使った場合などです。

 

2 「一般家出人」を探し出す場合は、警察よりも探偵のほうがおすすめ!

警察の捜査方法や探し方は、一般家出人か特異行方不明者かどうかで大きく変わってきます。

そのため、自分の身内や親族がすぐに行方不明者を見つけ出してくれる特異行方不明者でない「一般家出人」と判断された場合は、

なかなか行方不明人を見つけ出してはくれません。

 

「一般家出人」を探し出す場合は、警察よりも探偵のほうがおすすめ!

 

警察が頼りないわけではありませんが、やはり身内としては警察に対して理不尽な怒りがわいてくるのではないでしょうか。

 

そんなときは、警察の捜査方法や探し方を信じるよりも、「探偵」を雇ったほうがいいです。

 

探偵事務所は全国各地に拠点しているため、どこに住んでいたとしても気軽に無料相談することができます。

 

行方不明調査の場合は、やや手間がかかるとはいえ、警察では一般家出人とされるようなケースでも、真髄に調査してくれます。

 

もちろん、警察のようなメディアへの反響力は持っていませんので、特異行方不明者を探し出すのは警察に任せたほうがいいですが、

一般家出人の捜査方法や探し方に関しては非常にアグレッシブで、警察よりも何倍も頼りになります。

 

全国各地に拠点が置かれている大型グループ店(原一探偵事務所、ガルエージェンシーなど)の場合は、

全国各地のネットワークを駆使して調査してくれますので、捜査方法や探し方に関しても申し分はありません。

 

警察に捜索願を出した後、不安なら探偵へ相談してみるといいです。

 

3 行方不明人の警察の捜査方法や探し方まとめ

今回は、行方不明人の警察の捜査方法や探し方を紹介しました。

 

行方不明人の警察の捜査方法や探し方まとめ

 

大きく「一般家出人」と「特異行方不明者」に分けられますが、一般家出人と判断できるようなケースは、警察はあまり積極的に動いてはくれません。

 

捜査方法や探し方も最低限で済ませられます。

 

それよりも、どんなに小さい家出の場合でも全力を挙げて調査してくれる「探偵」を雇って調査してもらったほうが、行方不明者を見つけてくれるかもしれません。

 

ぜひ、探偵に無料相談してみて、対策を立ててください。

 

捜索願を出せる人は決まってる!?

捜索願を出せる人は決まっているのでしょうか!?

 

捜索願を出せる人は決まってる!?

 

自分の身内などが行方不明になった場合、警察に捜索願を出して捜索してもらうことが必要です。

 

しかし、この捜索願は「誰でも出せる」わけではありません。実は、「出せる人」と「出せない人」が存在します。

 

もちろん、職業問題や人種問題ではなく「行方不明者とどのような関係か」がキーポイントとなります。

 

今回は、捜索願を出せる人と出せない人について紹介します。

 

1 捜索願を出せる人はどんな人?

捜索願を出せる人がどんな人か紹介していきます。

 

捜索願を出せる人はどんな人?

 

1-1 行方不明者の親族、家族

例えば、行方不明者の父親、母親、行方不明者の妻、夫、行方不明者の息子、娘、そのた親族です。

 

いわゆる行方不明者と血縁関係にある人のことで、基本的にはこのパターンが多いのではないでしょうか。

 

親族や家族は「一番身近な人」です。行方不明者の特徴もしっかり押さえることができていますし、よく行く場所なども把握しています。

 

そのため、警察側からしても、「行方不明者のちゃんとした情報を提供してくれる人」となり、捜査の手がかりとなるのです。

 

1-2 行方不明者の同居人

行方不明者と同居している人も、捜索願を出せる人となります。

 

例えば、恋人同士で同居している人や、事実婚の関係にある人などです。

 

法律的な「夫婦」ではないので、事実婚しているパートナーが失踪したときに「家族」として扱われないのではないかと不安に思っている人は安心してください。

 

確かに法律上では家族ではありませんが「同居人」の枠で捜索してくれます。

 

1-3 行方不明者の恋人

行方不明者の恋人も、捜索願を出せる人になります。

 

恋人の証明をしろといわれた場合、やや証明が難しくなりますが、

警察に自分と行方不明者の関係を事細かく説明することで、受け入れてくれる警察署も多いです。

 

また、行方不明者からもらった指輪など、「婚約の証」があるとより捜索願を受理してもらえやすくなります。

 

1-4 行方不明者の雇用主

行方不明者の雇用主も、捜索願を出せる人となります。

 

行方不明者が「従業員」で、その従業員がいないと仕事ができないと判断された場合、会社や企業にとってはとんでもない損害になり得ます。

 

そのため、赤の他人ではありますが、行方不明者の雇用主でも捜索願を出せるようになっています。

 

ただ、現実的に考えると、従業員が行方不明になった場合、大抵家族に連絡が行きます。

 

そこで家族と相談して捜索願を出すケースが多いです。

 

1-5 行方不明者の監護人

行方不明者の監護人も、捜索願を出せる人となります。

 

監護人とは、「行方不明者を守る義務がある人」です。

 

例えば、介護施設の老人がいなくなった場合、その介護施設の施設長は捜索願を出すことができます。

 

監護人のミスで行方不明者が出てしまうようなケースもあるため、迅速対応のため、

赤の他人である監護人でも捜索願を出せます。

 

2 捜索願を出せない人はどんな人?

捜索願を出せない人も存在します。その人たちはどのような人でしょうか。

 

捜索願を出せない人はどんな人?

 

2-1 基本的には「出せる人」以外の赤の他人全員

基本的には、紹介した「捜索願を出せる人以外の人」は全員捜索願を出すことができません。

 

つまり、行方不明者と血縁関係もなく、恋人でも雇用主でも、看護人でもないような人たちです。

 

行方不明者といかに仲がよい親友だとしても、残念ながら彼らでは捜索願を出すことができません。

 

行方不明者の両親や家族に相談するようにしてください。

 

2-2 なんで捜索願を出せない人がいるの?

なぜ、捜索願を出すことができない人がいるのでしょうか。

 

人が行方不明になるようなケースは、「一刻を争う可能性」だってあるのに、

行方不明だと気づいた人が即座に捜索願を出せるようにしたほうがいいのではないかという意見もあります。

 

しかし、捜索願を誰でも出せるようにした場合、また新たな問題が起こります。

 

その問題とは「誰でも簡単に赤の他人の情報を知る環境が出来上がること」です。

 

これはどういうことかというと、例えば、自分を振った相手であるAさんと連絡がつかなくなったため、「捜索願を出してAさんの居場所を突き止めよう」という、

ストーカーまがいなことを考えている人がいると考えてみてください。

 

そして、誰でも捜索願を出せる場合、ちゃんと警察がAさんを見つけさえすれば、このストーカーにAさんの存在が知れれてしまうことになります。

 

そうなるとAさんにとってはたまったものではありませんよね。

 

本人の居場所も大切な「個人情報」です。個人情報保護の観点から、誰でも捜索願は出せないようにされているわけです。

 

もちろん、「本当に行方不明者を探してほしい」と考えている人にとってはもどかしい制度ではありますが、

犯罪抑制のため警察が取っている工夫ですので、そこはこちら側で対応しましょう。

 

一番手っ取り早いのは、行方不明者の家族に相談することです。

 

もし、その家族が協力してくれそうにない場合、探偵の無料相談を利用して、行方不明調査を行ってもらいましょう。

 

3 捜索願を出せる人と出せない人まとめ

今回は、捜索願を出せる人と出せない人を紹介しました。

 

捜索願を出せる人と出せない人まとめ

 

捜索願は本当に行方不明者と親密な関係だと客観的に判断された場合でなければ出すことができません。

 

いかに本当に自分と行方不明者が仲がいい親友だとしても、警察目線ではそれがわからないからです。

 

そのような人たちは、まずは捜索願を出せる人に相談して、捜索願をその人たちに出してもらうようにしましょう。

 

捜索願って期間や期限があるのか?また費用はかかるの?

捜索願には期間や期限、出す際に費用を払う必要はあるのでしょうか!?

 

捜索願って期間や期限があるのか?

 

捜索願を出すようなケースでは、本当に行方不明者の居場所がわからなくて困っている場合です。

 

元々自分たちで探していても見つからず、どうしても切羽詰まって出しているわけなので、警察が捜索してもなお見つからないケースもあります。

 

その場合、気になるのは「ずっと前に出した捜索願は効力があるのかどうか」です。

 

行方不明者は日が経つことに増えていくため、自分の捜索願が埋もれてしまい、

後回しにされているのではないかと心配に思う人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、捜索願の期間や期限、費用について紹介します。

 

1 捜索願の期間や期限について

早速、捜索願の期間や期限について解説していきます。

 

捜索願の期間や期限について

 

1-1 捜索願の期間や期限は、一応ではありますがちゃんと存在します

捜索願の期間や期限は、一応ではありますがちゃんと存在します。

 

なぜ「一応」なのかというと、捜索の期間延長に特別な手続きは必要ないからです。

 

捜索願を出したあと、警察はある程度の捜索をしてくれますが、そこで行方不明者を見つけることができた場合、

警察から電話などで「捜索の更新について」尋ねられます。

 

もし行方不明になった身内を見つけることができた場合、これ以上の捜索は無意味ですので、「捜索完了案件」として捜索は打ち切られます。

 

もし、捜索願を出して行方不明者が見つからないと、警察から電話がかかってきます。

 

捜索願を出してからおおよそ1、2ヵ月後程度です。

 

その電話でも、「捜索を継続するかどうか」を尋ねられます。

 

ここで「お願いします」と返事をすれば、捜索願の期間や期限を更新することになります。

 

このように、捜索願の期間や期限自体はちゃんと存在するのですが、その期間更新方法が電話一本というあまりにも簡単な方法なので、

実質的に永遠に捜索してもらえる」ようなものなので、実は捜索願の期間や期限についてはそこまで深く考える必要はありません。

 

1-2 なんで捜索願の期間や期限がある?

なぜ、捜索願には期間や期限があるのでしょうか。

 

警察に出された捜索願についてですが、「取り消しの方法」は、捜索願を提出した人が再度申請するしか方法はありません。

 

それはそれで当然ではありますが、逆に考えると「捜索願を出した人が申請してくれないと取り消しの方法がない」わけです。

 

そうなった場合、もし行方不明者が捜索願を提出した身内サイドで発見できて、

警察に「見つかりました」と報告していない場合、永遠とその人物の捜索が行われることになります。

 

これははっきりいって「時間の無駄」です。

 

そのため、警察自ら捜索願提出者に電話などで「捜索願の期間を延ばすか否か」を聞いてくるわけです。

 

行方不明者が見つかっているのだけど警察に連絡しない人も一定数いるため、この方法が取られます。

 

2 捜索願を出す際の費用について

次に、捜索願を出す際の費用について紹介します。

 

捜索願を出す際の費用について

 

捜索願を警察に提出する場合、原則として費用は発生しません。無料で受け付けてくれます。

 

その理由は2つあります。

 

ひとつは、「警察が本当に最優先で捜索するかどうかわからないから」です。

 

捜索願が出された場合、警察のほうがまず「この行方不明者が事件と関わっているかどうか」を判断します。

 

関わっていると判断した場合、「特異行方不明者」として最大限の力を発揮して捜索します。

 

この捜索の場合、警察サイドで捜索料金が発生するかもしれませんが、請求されることは稀で、

民間のヘリコプターを使ったような特殊なケース以外は費用の支払いは求められません。

 

もし、「事件性がない行方不明者(一般家出人)」と判断された場合は、警察は聞き込みやパトロールといった最低限の調査しかしてくれません。

 

その場合、他の事件が優先されてしまうため、あまり積極的に捜索してくれません。

 

このように、捜索態勢に差があるため、料金を取らないのです。

 

積極的に捜索をしていないのに料金なんかとったら、市民の反感を得てしまいます。

 

二つ目の理由は、「一般家出人の捜索に費用はかからない」からです。

 

最低限の調査の聞き込みやパトロールは、いわば「警察が絶対すべきである職務」です。

 

普段の仕事と並行して行うことができるため、警察もたいした労力を使わず、料金を取るまでもありません。

 

3 捜索願の期間や期限、費用についてまとめ

今回は、捜索願の期間や期限、費用について紹介しました。

 

捜索願の期間や期限、費用についてまとめ

 

捜索願には一応期間や期限が設けられていますが、警察が電話で確認してくれます。

 

「行方不明者が見つからない!」といって警察に出向く必要はなく、

気になるような場合は自分から警察に電話してみて、捜索が行われているか聞いてみてください。

 

その際、「まだ捜索中です」という言葉を聞いて安心しましょう。

 

捜索願の期間の更新は自分からはノータッチで構いません。警察が「期間更新するかどうか」の電話を待つだけでいいです。

 

捜索願が不受理になるケースと捜索願を取り下げる方法!

捜索願が不受理になるケースと捜索願を取り下げる方法を紹介します!

 

捜索願が不受理になるケースと捜索願を取り下げる方法!

 

捜索願にも「受理」「不受理」が存在し、不受理となった場合は、警察は行方不明者の捜査を行ってすらくれません。

 

基本的には受理してもらえますが、こちがが捜索願提出のルールにのっとっていない場合や、

行方不明者本人の申請によって、捜索願が不受理となるケースも存在します。

 

また、捜索願を取り下げる方法についてもあまり知られていないため、

行方不明者がこちらの捜索で見つかった場合、どうすればいいか迷うのではないでしょうか。

 

今回は、そんな人たちのために、捜索願を取り下げる方法も一緒に紹介していきます。

 

1 捜索願が不受理になるケース紹介!

早速、捜索願が不受理になるケースを紹介します。

 

捜索願が不受理になるケース紹介!

 

1-1 捜索願自体に不備がある場合

これは当たり前ですが、捜索願自体に不備があるような場合、捜索願は不受理にされてしまいます。

 

とはいえ、捜索願自体は警察署で書いて何枚でもやり直しすることができるので、書類に不備が見られるようなことはほぼありません。

 

あるとしたら、捜索願を警察に提出する際に提出が求められる「自分の身分証明証と印鑑」がないケースです。

 

自分の身分証明書と印鑑は、「誰が捜索願を提出したか」という記録を残すために必要で、これがない場合、捜索願は不受理となります。

 

そのため、書類自体の不備はほぼないのですが、自分が忘れ物をしたような場合、絶対に捜索願は不受理されてしまうことを頭に入れておきましょう。

 

しっかりと準備をして捜索願を提出しましょう。

 

1-2 捜索願を提出する以前に、行方不明者から「捜索願不受理届」が提出されている

自分が捜索願を提出する前に、行方不明になった身内などが警察に「捜索願不受理届」を出している場合があります。

 

捜索願不受理届とは、「捜索願が提出されたとしても自分のことを探さないでください」という意思表示で、警察に提出することができます。

 

この捜索願不受理届が先に出されていた場合、「自分は犯罪行為に巻き込まれていない」というような証明ができることになりますので、

警察としてもその人を探し当てる必要は一切なくなるわけです。

 

何よりも、本人が「探さないでください」という意思を表しているため、その意思を尊重しなくてはいけません。

 

ただし、この捜索願不受理届を出す場合、正当な理由が必要です。

 

例えば、「夫のDVから逃げるために夫から逃げたいような場合」は、捜索願不受理届は受理してもらえます。

 

そして、そのDVをしている旦那は警察を頼って妻を探すことができなくなり、

妻の安全はその観点からは保証されるわけです。

 

ちなみに、捜索願不受理届は「未成年」は基本的には提出することができません。

 

未成年が家出したくて、警察に捜索願不受理届を申請しにくるケースもありますが、未成年は保護者の監督の元生活することが最も望ましいとされているため、

警察もいかにその未成年が探さないで欲しいという意思を証明していたとしても、その意思を汲んではくれません。

 

ただし、その少年が虐待をされている場合など、本人に身の危険があるような場合は話は別です。

 

警察はしっかりと話を聞いて、捜索願不受理届をはじめとした対策を立ててくれます。

 

2 捜索願を取り下げる方法紹介!

次に、捜索願を取り下げる方法について紹介します。

 

捜索願を取り下げる方法紹介!

 

2-1 捜索願の取り下げ方法その1 捜索願を出した警察署に行く

捜索願を取り下げる方法一つ目は、「捜索願を出した警察署に申請をすること」です。

 

警察署に「捜索願を出した人本人」が警察署へ赴き、担当してくれた警察官(ほぼ生活安全課が対応してくれます)を訪ね、捜索願の取り下げを申し出てください。

 

申し出た直後から、行方不明者の捜索は取り下げられ、もう探されなくなります。

 

主に行方不明者が見つかった場合などの対処になります。

 

気を付けておきたいポイントは、「捜索願を提出した本人」が申請しないといけないポイントです。

 

2-2 捜索願を取り下げる方法その2 捜索願を出した警察署に本人が電話する

捜索願を取り下げる方法二つ目は、「捜索願を出した警察署に本人が電話すること」です。

 

その際、電話でちゃんと「〇〇年〇月〇日に誰々の捜索願を提出した誰々です」と説明してください。

 

警察も万が一本人以外の人が捜索願を取り下げようとすることを懸念していますので、

一応ではありますが本人確認を行うため、正直に答えるようにしてください。

 

できれば、捜索願提出の際に担当してくれた警察官の名前を憶えているのが望ましいですが、

生活安全課に電話するだけでも話が通じる場合はあります。

 

2-3 捜索願を取り下げる方法その3 放置して警察からの電話を待つ

実は、捜索願を出した後に行方不明者が見つかった場合、何もしなくても捜索願を取り下げてもらえる可能性があります。

 

ただし、この「何もしない」というのはこちらからアクションを起こさないという意味です。

 

これはどういうことかというと、警察が「捜索願の期間が迫っています。更新しますか?」といった旨の電話をしてくるのを待って、

更新しなくていいです」と伝えることを示しています。

 

こちらからは一切動く必要はなく、警察が行方不明者が見つかったかどうか確認するのと同時に、捜索願の取り下げについても確認してくれます。

 

この方法の場合、自分は楽ですが捜索してくれている警察に申し訳なく思うかもしれないため、あまりおすすめはしません。

 

できるだけ自分で「捜索願を取り下げてください」と申請しに行くか、電話でその旨を伝えるようにしましょう。

 

3 捜索願の不受理と取り下げについてまとめ!

今回は、捜索願の不受理と取り下げについて紹介しました。

 

捜索願の不受理と取り下げについてまとめ!

 

捜索願の不受理に関してですが、ほぼありえません。

 

万が一行方不明者から「捜索願不受理届」が出されている場合のみ不受理になると思ってくれて構いません。

 

捜索願の取り下げに関しては、最悪自分からは一切動かずに捜索願を取り下げてもらうことも可能ではありますが、

やはり探してもらうことに対する誠意を込める意味でも、ちゃんと警察に直接捜索願を取り下げるようにしたいです。

 

社員が行方不明…捜索願は会社から出せるのか?

社員が行方不明になった場合、捜索願は会社から出すことができるのでしょうか。

 

社員が行方不明…捜索願は会社から出せるのか?

 

例えば、自分の会社の社員が行方不明になったと考えてください。

 

普段から契約社員や派遣社員などを雇うほど大きな会社の場合、代わりはいくらでもいるかもしれません。

 

しかし、そうでない場合、社員ひとりいなくなるだけで通常の業務ができなくなる可能性もあります。

 

そうなった場合、会社が得ることができるはずの利益を失ってしまうかもしれません。

 

捜索願を会社から出したいと思うような経営者だっているはずです。

 

今回は、社員が行方不明になった場合、捜索願を会社が出せるかどうかと、方法などを紹介します。

 

1 社員が行方不明になった場合、捜索願は会社から出せる!

社員が行方不明になった場合、捜索願は会社から出すことができます!詳しく見ていきましょう!

 

社員が行方不明になった場合、捜索願は会社から出せる!

 

1-1 社員が行方不明になった場合、会社は捜索願を出せるけどおすすめしない!?

社員が行方不明になった場合、会社は捜索願を出すことができるのは確かですが、実はあまりおすすめできません。

 

そもそも、捜索願は「行方不明者の親族や家族など、関係性が深い人物」でないと出せないことになっています。

 

ただし、例外もあって、恋人や雇用主、監護人でも捜索願は出せるようにはなっています。

 

しかし、これらの人たちは「行方不明者との関係」を警察に証明しなければいけない可能性があるのです(警察署にもよります)。

 

雇用主の場合は、明らかに行方不明になった社員と「利害関係」があり、会社の社長として、利害を守るために捜索してもらうことはできます。

 

その場合、警察署に「行方不明者を雇用している証拠」の提出が必要になるかもしれないため、親族や家族が捜索願を出すケースと比較して、やや面倒です。

 

1-2 会社は一旦「家族や親族」に相談しましょう。

もし、社員が行方不明になって、会社で捜索願を出すことを検討している人は、少しだけ待ってみましょう。それよりもいい方法があります。

 

その方法とは「家族や親族と情報を共有すること」です。

 

雇用主でも捜索願を出すことはできますが、やはり、行方不明者を一番心配しているのは、利害関係がある雇用主よりも「家族や親族」になります。

 

そのため、真っ先に捜索関連の連絡は家族や親族にするのが望ましいです。

 

捜索願に関しては、「捜索願を出した人の元に警察が連絡をする」のが原則ですので、雇用主が捜索願を出した場合、

親族よりも優先して雇用主に連絡が行くことになります。

 

会社としては別にいいのですが、親族としては複雑な心境ですよね。

 

そのため、人道的な意味でも、まずは「家族や親族と情報を共有して、

できることなら家族や親族に捜索願を出してもらう」ことが、会社としては望ましいです。

 

連絡は家族や親族が優先されますが、その親族から捜索願について会社に連絡してもらえばいいだけです。

 

2 どうしても不安な場合や、親族との情報共有に失敗した場合

 

どうしても不安な場合や、親族との情報共有に失敗した場合

 

会社からも捜索願を出すことはできますが、それよりもおすすめしたいのは、親族への相談です。

 

しかし、それでも不安な場合や、親族の対応が悪いようなケースも存在します。

 

例えば「身内の恥になるので大事にしたくない」といった意見を持っている親族だっているかもしれません。

 

そのため、会社として一刻も早く社員を見つけたいのですが、思うように事が進まずイライラしてしまうかもしれません。

 

そんなときに頼りになる存在が「探偵事務所」です。

 

探偵は「行方不明調査」も行ってくれるため、警察が行っているような捜索をすることが可能です。

 

しかも、警察の場合は事件性がないと積極的に動いてくれないことに対して、

探偵の場合は依頼は確実にこなしてくれますので、本当に小さな家出だとしても全力を挙げて調査してくれます。

 

そのため、行方不明関連に対しては探偵のほうが信頼できます。会社が従業員を探すようなケースは「会社との折り合い」などの場合が多く、

どちらかというと「事件性がない行方不明問題」となります。

 

その場合は警察は動かないため、どちらにせよ探偵を雇わないと社員が見つからない場合があります。

 

会社で行方不明者にアプローチをかけたい場合、圧倒的に探偵を雇ったほうがお得です。

 

3 社員が行方不明になった場合の捜索願についてまとめ

今回は、社員が行方不明になった場合の捜索願についてまとめました。

 

社員が行方不明になった場合の捜索願についてまとめ

 

社員が行方不明になった場合でも、会社は捜索願を出すことができますが、あまりおすすめはしません。

 

どちらかというと、行方不明者の家族と一緒になって社員を探すほうがいいです。

 

また、どうしても不安なら探偵にも相談してみましょう。

 

探偵の場合は、会社の社員と社長という関係性がなかったとしても依頼があれば捜索してくれます。

 

捜索願は警察より探偵がおすすめな理由!

捜索願を警察に出すより、探偵に行方不明調査してもらったほうがお得です!

 

捜索願は警察より探偵がおすすめな理由!

 

身近な人が行方不明になった場合、捜索願を警察に出すことになりますが、

警察の捜索で「行方不明になった身内が見つかった!」という例は意外と少ないです。

 

それよりも、人探しのプロである「探偵」を雇って、行方不明者を探してもらったほうが、事件は解決する可能性があります。

 

今回は、捜索願で探偵をおすすめする理由と、それぞれの調査の特徴について紹介します。

 

1 警察と探偵を比較!警察は捜索に積極的じゃない可能性がある!?

早速、警察と探偵のそれぞれの捜索について比較してみましょう。まずは、警察に捜索願を出した場合について紹介します。

 

警察と探偵を比較!警察は捜索に積極的じゃない可能性がある!?

 

1-1 警察は「事件」を優先するので、事件性の低い行方不明捜索は後回しにする

これは、警察の職務があまりにも多いため、ある程度は仕方のないことなのかもしれませんが、

警察は捜索願が出されても積極的に捜索しない可能性があります。

 

なぜなら、警察は普段から忙しいため、どうしても大きな事件などの捜査に尽力を使ってしまい、

そこまで大きな事件に発展しない可能性がある捜索願については、警察はあま理積極的になれないのです。

 

もちろん、警察は捜索願を元に行方不明者を探し出すことだって職務のひとつなのです。

 

しかし、仮に捜索願の対応に力を入れすぎて、他のもっと危険な立場に置かれている人を放置してもいけません。

 

その人の生命が危険にさらされてしまうからです。

 

このような背景があるため、警察は積極的に捜索を行ってはいません。

 

せいぜい、普段の業務であるパトロールのついでに聞き込みをしてみる程度です。

 

1-2 警察に捜索願を出して行方不明者は見つかる?

警察に捜索願を出したとして、行方不明者を見つけてくれる可能性は高いのでしょうか。

 

もし、行方不明者がなんらかの事件に巻き込まれていると判断された場合はすぐさま捜索してくれます。

 

しかし、「家出された!」「妻が他の男と駆け落ちした!」という程度の場合は、警察に捜索願を出したとしてもすぐに捜索をおこなってくれない可能性が高いです。

 

そのため、「なかなか捜索が始まらない」わけなので、スタートの時点ですでに不穏です。

 

長い時間かけて暇になってようやく捜索を始めるような例もあります。

 

その場合、「暇になるまでの時間」は、行方不明者の家族や身内はただ待つしかありません。

 

その時間は完全に無駄であり、どれだけ警察が忙しかろうが、家族や身内にとっては不安が募るばかりになります。

 

とりかかりが遅いと、その分行方不明者の発見も遅れてしまいます。

 

はっきり言って、警察に捜索願を出したとしても、行方不明者が見つかる可能性は非常に低いです。

 

警察も忙しいためしかたないとは感じますが、それでも「ふざけるな!」とついつい思ってしまいますよね。

 

2 警察と探偵を比較!探偵は行方不明者をすぐさま発見してくれる!?

次に、警察と比較した場合の探偵について紹介します。

探偵は、警察よりも積極的に動いてくれるため、信頼面では間違いなく軍配があがります。

 

警察と探偵を比較!探偵は行方不明者をすぐさま発見してくれる!?

 

2-1 探偵のプランに「行方不明調査」は存在する?

まずは、探偵の仕事について紹介します。

 

探偵の仕事は、警察とは違い「罪をした者を罰する」のではなく、「罪を暴く」ことに重点を置いています。

 

いわゆる、証拠の発見です。

 

そのため、探偵は「浮気調査」「ストーカー調査」などの、悪事に関する証拠をゲットする調査がメインと思われがちです。

 

しかし、探偵の依頼の中に、ちゃんと「行方不明調査(または人探し調査、所在調査など)」も存在します。

 

警察に捜索願を出した場合と同様に、探偵も行方不明者の居場所を突き止めることができます。

 

2-2 警察との一番の違い?どんな行方不明調査にも真髄に対応してくれる!?

警察と探偵の一番の違いは「取り組みの素早さ」です。

 

警察の場合は、事件性がないとどうしても取り組みが遅くなってしまいますが、

探偵の場合は、「早期発見」を目指す調査を行うため、非常に迅速な対応をしてくれます。

 

探偵が行方不明調査をはじめ、様々な依頼を受けた場合、その依頼をこなすことこそが利益となります。

 

警察との大きな違いで、調査が成功するかどうかでビジネスが成り立っているため、調査の本気度というものが違います。

 

もちろん、なんとしても成功させたいため、調査取り組みに対しても迅速です。

 

もちろん、探偵側の利益だけでなく、依頼人の不安を拭うことも忘れてはいません。

 

警察は「行方不明者が犯罪に巻き込まれる可能性」を判断してくれますが、探偵は「犯罪関係なく行方不明者を探す」ことを目指しています。

 

もちろん、犯罪に巻き込まれる可能性も視野に入っています。

 

2-3 探偵は警察よりも高い調査力を持っている!

探偵は、警察よりも高い調査力を持っています。

 

警察が一般家出人を捜索する場合、聞き込み調査やパトロールがメインで、「居場所の特定」までは行ってくれません。

 

未成年の場合は警察署に補導できますが、大人の場合は、「このあたりにいました」という情報しか探し出してくれない可能性があります。

 

もっとも、犯罪に巻き込まれていると思われるようなケースではこの何倍もの調査力を駆使して行方不明者を捜索してくれますが、これはレアケースです。

 

それと比べて、探偵は例えば、未成年の息子が家出した場合、警察に捜索願を出したとしてもなかなか見つけてくれない場合があります。

 

しかし、探偵を雇って調査してもらった場合、依頼した次の日から捜索してくれますので、その分行方不明者を見つけ出す確率も高くなっています。

 

探偵の調査方法も、警察と同じく「聞き込み」がメインですが、聞き込みをするにしても警察とは違い「ついで」ではありません。

 

依頼人に頼まれた行方不明調査に対して、真髄に対応してくれます。あくまで行方不明者を探すことだけを目的にして、調査を行ってくれます。

 

また、インターネット上に存在する様々なデータを駆使して人探しをする場合もあります。

 

近年ではITやインターネットが発展しているため、わずかな手がかりしか持っていないとしても、

インターネットを駆使することでさらなる情報を発掘できるのです。

 

2-4 探偵を雇った場合は「費用」がかかってしまうのだけはネック

警察に捜索願を出すだけでは原則として費用は発生しません。しかし、探偵を雇う場合は費用がかかってしまいます。

 

探偵はビジネスで人探しをしてくれていますので、依頼人からはお金を貰わないと、大赤字になってしまいます。

 

料金に関しては、どの程度調査時間が伸びたかにもよりますので、

一概に平均いくらとは言うことができませんが、高い場合は80万円程度かかる可能性があります。

 

この費用はバカにならない大金ではありますが、その代わり高い調査力を持っています。

 

その費用に見合った結果を出してくれます。探偵事務所によっては行方不明調査の満足度が95%を超えるような探偵事務所も存在します。

 

3 捜索願は警察より探偵がおすすめな理由まとめ!

今回は、捜索願は警察より探偵がおすすめである理由を紹介しました。

 

捜索願は警察より探偵がおすすめな理由まとめ!

 

警察と探偵では、行方不明者捜索に関する意識が全然違います。

 

警察は事件を優先しますが、探偵はビジネスで行方不明調査をしていますので、利益のために全力で行方不明人を探し出してくれます。

 

探偵を雇った場合、費用がかかってしまいます。

 

しかし、高い調査力を持っているため、解決できる可能性は高いです。

 

行方不明になった人が犯罪に巻き込まれている場合は大変ですので、本当に行方不明者を思うのなら、

探偵を雇って早期発見してもらうことをおすすめします。

 

捜索願を探偵に依頼すると費用・料金はいくらかかる?

捜索願を探偵に依頼すると、費用や料金はどの程度かかるのでしょうか。

 

捜索願を探偵に依頼すると費用・料金はいくらかかる?

 

捜索願を探偵に依頼した場合、残念ながら費用がかかってしまいます。

 

ここが警察に捜索願を出した場合の大きな違いで、探偵を雇う場合の唯一のデメリットです。

 

その料金も非常に高く、一般人ではなかなか手を出せない金額となっています。その代わり、

 

捜索願を探偵に依頼した場合、ほぼ間違いなく行方不明者を見つけ出してはくれます。

今回は、捜索願を探偵に依頼した場合の費用や料金について紹介します。

 

1 捜索願を探偵に依頼した場合の費用・料金について

捜索願を探偵に依頼した場合の費用や料金の仕組みについて紹介します!

 

捜索願を探偵に依頼した場合の費用・料金について

 

1-1 捜索願を探偵に依頼した場合の費用・料金の平均値は?

捜索願を探偵に依頼した場合の費用・料金の平均値はいくらくらいになるのでしょうか。

 

平均値は、探偵事務所によっても左右されるため一概に「この金額を用意していたらいい」というわけではありませんが、

おおよそ「50万円程度」用意しているといいとされています。

 

平均値が50万円ですので、もしかしたら高い場合100万円を超えてしまうかもしれません。

 

捜索願を探偵に依頼した場合、サラリーマンの月収の2倍も3倍も費用や料金がかかってしまうことになります。

 

非常に大きな買い物になるのですが、その代わり、捜索願を探偵に出した場合、行方不明者を見つけてくれる可能性は高いです。

 

1-2 捜索願を探偵に依頼した場合の費用・料金はどのように計算される?

捜索願を探偵に依頼した場合、費用や料金はどのように計算されるのでしょうか。

 

平均費用は50万円ですが、その50万円の内訳を見てみましょう。

 

探偵に行方不明調査を依頼した場合、探偵は「時間単位で料金を決めている場合」がほとんどです。

 

例えば、「1時間5,000円で行方不明調査を行ってくれる探偵事務所」の場合、で考えてみます。

 

その場合、「1日3時間調査をする」という条件で捜索願を探偵に依頼した場合、1日1万5千円かかってしまうわけです。

 

これは極論ですが、もし行方不明調査が1日で終わってしまう(つまり、1日で行方不明者を見つけた場合)ようなケースだと、

料金は1万5千円(プラスで着手金や成功報酬もかかります)で済みます。

 

このように、「時間がかかればかかるほど料金が上乗せされる」ようになっています。

 

ちなみに、この条件で平均条件の50万円で考えてみると、約1ヵ月で行方不明者を見つけてくれることになります。

 

1-3 捜索願を探偵に依頼した場合の費用や料金を抑える方法はある?

探偵の場合、調査が長引けば長引くほど費用や料金がかかってしまいます。

 

そのため、調査が早く終わればその分料金は少なくて済みます。

 

探偵の捜索願に関する調査力ももちろん関係があるのですが、一番大切なのは「依頼した自分も探偵に協力すること」です。

 

例えば、探偵が捜索願の調査をする場合、一番必要なのは「情報」です。

 

行方不明者の個人情報はもちろん、行方不明になったときの服装や、本人がよく行きそうな場所など細かい情報が必要です。

 

探偵も行方不明調査を引き受けた際に必ず依頼主に細かく聞いてくるので心配はありません。

 

プラスアルファで自分が必要だと思う情報があるのでしたら、積極的に探偵に情報提供してください。

 

その情報を元に聞き込みなどを行ってくれますので、情報があればあるほど探偵も助かります。

 

その結果、調査が早く終わって料金も安くなります!

 

1-4 費用や料金が安すぎる探偵は要注意!?悪徳業者や詐欺の可能性がある!?

費用や料金があまりにも安すぎる探偵も、中には存在します。

 

例えば、おおよその平均費用は50万円と考え、さらに行方不明者を見つけ出すまでに平均で約1ヵ月かかります。

 

その金額と期間を基準に考えて、「比較するとあまりにも金額が安い?」と感じられる探偵事務所ものことです。

 

1ヵ月調査で20万円!」のような広告を見つけた場合、この探偵事務所は「料金が安い探偵事務所である」と判断することができます。

 

しかし、料金があまりにも安い探偵事務所は、逆に安心できません。

 

詐欺や悪徳業者の可能性があるからです。

 

詐欺や悪徳業者と言われるような探偵事務所の手口は、「安い料金で依頼主を釣って、大したことない調査でうやむやにする」ことがポピュラーです。

 

そのため「安い!この探偵に依頼しよう!」って思う依頼者が集まって、結局依頼をこなすことができず、払った料金が騙し取られる形になります。

 

そのため、「料金が安い探偵事務所」を雇うよりも「質と実績がある探偵事務所」のほうが頼りになります。

 

例えば、原一探偵事務所、総合探偵社TS、ガルエージェンシーのような有名探偵社を雇うようにしましょう。

 

料金は高いかもしれませんが、実績があるため、詐欺や悪徳業者の心配は一切ありません。

 

2 捜索願を探偵に依頼すると費用・料金まとめ

今回は、捜索願を探偵に依頼すると費用・料金について紹介しました。

 

捜索願を探偵に依頼すると費用・料金まとめ

 

探偵に依頼した場合、警察と違ってバカにならない費用がかかってしまいます。

 

そのため、捜索願を探偵に依頼する場合、やや慎重になることが必要です。

 

しかし、料金を抑えるコツは確かに存在するので、そのコツをしっかりと掴んで、どんな小さな情報でも探偵に渡すようにしてください。

 

また、調査料金があまりにも安すぎるような探偵は避けたほうがいいです。

 

万が一悪徳業者や詐欺だった場合、その費用・料金は戻ってこない可能性が高いです。

 

捜索願おすすめNo.1は原一探偵事務所!

捜索願の依頼おすすめNo.1は原一探偵事務所で決まりです!

 

捜索願おすすめNo.1は原一探偵事務所!

 

原一探偵事務所は創業44年を誇るトップクラスの探偵事務所です。

 

そのため、依頼主からの口コミもいいものが揃っています。原一探偵事務所は行方不明調査も行っていて、

非常に質が高い調査で、必ず行方不明者を見つけ出してくれます。

 

原一探偵事務所では「人探し・家出人調査」といいますが、本当にどんな人でも見つけてくれます。

 

今回は、捜索願のおすすめNo.1である原一探偵事務所のおすすめポイントを紹介します!

 

1 大手探偵事務所「原一探偵事務所」とは?

まずは、大手探偵事務所である原一探偵事務所について紹介します。

 

大手探偵事務所「原一探偵事務所」とは?

 

原一探偵事務所は、「日本一」と言えるレベルの探偵事務所です。

 

まず一番驚くべきポイントは「創業44年」であることです。

 

これは、日本の探偵社の中でもトップクラスの年季と言えます。

 

その44年間の間に、原一探偵事務所では11万件の案件を解決しています。

 

ユーザーからの口コミや評価も高いのですが、弁護士や警察なども原一探偵事務所を信頼しています。

 

原一探偵事務所が作成する調査報告書は非常に正確で、裁判に勝てるほどの証拠になりますので、

弁護士が裁判に勝つために仕事を引きついだとしても安心して裁判に臨めます。

 

そのおかげで、弁護士からは「原一探偵事務所の証拠さえあれば勝てる」という評価を貰っています。

 

2 捜索願でおすすめの原一探偵事務所の「人探し・家出人調査」について

 

捜索願でおすすめの原一探偵事務所の「人探し・家出人調査」について

 

2-1 原一探偵事務所の人探し・家出人調査とは?

原一探偵事務所で一番依頼が来る案件は「浮気調査」ですが、浮気調査だけが原一探偵事務所ではありません。

 

原一探偵事務所では、行方不明者を探す「人探し・家出人調査」も取り扱っています。

 

例えば「失踪した家族」「あまり連絡をくれない息子や娘」を探してほしい場合は、人探し・家出人調査を利用することになります。

 

自分の家族が行方不明になった場合は、探偵でなく警察に捜索願を出した場合でも捜索してもらえる可能性はあります。

 

しかし、原一探偵事務所の場合は家族が行方不明になったわけじゃなくても行方不明者を探し出してくれるため、そこが警察に捜索願を出す場合との大きな違いです。

 

通常捜索願は赤の他人では出すことができませんが、原一探偵事務所では「恩人の行方」や「学生時代の友人の行方」も調査してくれます。

 

2-2 原一探偵事務所の人探し・家出人調査の料金について

原一探偵事務所に捜索願を依頼した場合、料金が発生してしまいます。

 

警察に捜索願を出した場合と、探偵に捜索願を出した場合の明確な違いであり、探偵を雇った場合の唯一のデメリットです。

 

原一探偵事務所の人探し・家出人調査の料金は安いとは言えません。

 

原一探偵事務所の調査料金の目安は、「1日調査ごとに8万円」です。さらに、調査基本料金として「4万円
」を着手金として払わなくてはいけません。

 

そのため、例えば合計で10日調査した場合、「8万円×10日+4万円」で、84万円必要になります。

 

行方不明調査の中では高い部類にはなりますが、原一探偵事務所は「1時間単位で調査をする方法」ではなく「1日に集中的に調査をする」のがセオリーです。

 

そのため、調査日数は他の探偵事務所よりも少なくなる可能性は高いです。

 

行方不明調査の場合、「早期発見」がなによりも大切になりますので、早く行方不明者を見つけてくれる原一探偵事務所は非常に貴重な探偵事務所です。

 

3 原一探偵事務所の人探し・家出人調査おすすめポイント厳選!

原一探偵事務所の人探し・家出人調査のおすすめポイントを紹介します。

 

原一探偵事務所の人探し・家出人調査おすすめポイント厳選!

 

3-1 いいところ厳選① 調査力が非常に高い!

原一探偵事務所の人探し・家出人調査のいいところを紹介します。

 

やはり、一番のおすすめすべきポイントは「調査力が高いこと」です。

 

原一探偵事務所には調査員がたくさんいます。そのため、人海戦術にも優れています。

 

また、一人一人が「聞き込み」や「尾行」のスキルを持っているため、行方不明者を見つけたとしても、

 

その行方不明者から怪しまれることなく調査を追えることができます。

 

捜索願を原一探偵事務所に出して調査してもらうと、結果的に行方不明者を早期発見してくれます。

 

3-2 いいところ厳選② 追加料金がかからない!

これは、原一探偵事務所の調査全般に言えることなのですが、原一探偵事務所は追加料金が絶対にかからないことで有名です。

 

探偵事務所の中では、調査料金の諸費用が思ったより重なってしまったため、追加料金として依頼主に後日請求する事務所も存在します。

 

しかし、原一探偵事務所は、公式HPで「追加料金は絶対に取りません!」と豪語しています。

 

これは、原一探偵事務所に捜索願を依頼する場合でも同様です。

 

原一探偵事務所では無料相談後の見積もりの段階で「だいたいどの程度の諸費用がかかるのか」もしっかりと計算して、その分を料金に含めてくれます。

 

そのため、追加料金がかかることはありません。

 

3-3 いいとろこ厳選③ 原一探偵事務所は圧倒的に口コミが多い!

原一探偵事務所は創業44年、調査完了案件11万件を誇る大手探偵事務所です。

 

そして、高い顧客満足度も自慢できるポイントとなります。

 

このおかげで、原一探偵事務所のよい口コミを、探偵紹介サイトなどではよく見かけます。

 

人探し・家出人調査の場合も例外ではなく、公式HPでも依頼主の口コミを掲載しています。

 

身内や友人が行方不明になった際に困っていた人が、探偵紹介サイトで「原一探偵事務所のおかげで行方不明の身内が見つかった!」といった口コミも見かけます。

 

また、「捜索願を出すよりも探偵に行方不明調査を依頼したほうがいい」といった旨のサイトでは、

「おすすめの探偵」として高確率で原一探偵事務所を紹介しています。

 

ユーザーからの評価も高く、有力な探偵事務所はどこかと言われたとき、

真っ先に思い浮かぶ探偵事務所として、原一探偵事務所がよく挙げられます。

 

3-4 いいところ厳選④ 「無料相談」を承る相談員はプロのカウンセラー!

原一探偵事務所では、依頼を迷っている人のために「無料相談」を実施しています。

 

その無料相談で、人探し・家出人調査について話を聞いてみましょう。

 

また、原一探偵事務所で無料相談を実施してくれるのは、プロのカウンセラーです。

 

もし身内がいなくなって不安で心が張り裂けそうに思っている場合、カウンセラーを受けたほうがいい場合もあります。

 

無料相談員がカウンセラーの資格を持っている場合、行方不明調査について聞くのと同時に、カウンセラーの人に話を聞いてもらうことができます。

 

そこで自分の心のケアも行ってくれるかもしれません。

 

4 原一探偵事務所の公式HPについて

原一探偵事務所の公式HPも紹介します。

 

原一探偵事務所の公式HPについて

 

公式HPのURLと、原一探偵事務所の「人探し・家出人調査」を記載しているURLは、こちらになります。

公式URL:https://www.haraichi.co.jp/
人探し・家出人調査URL:https://www.haraichi.co.jp/iede/iede.php

 

5 原一探偵事務所の人探し・家出人調査まとめ

今回は、原一探偵事務所の人探し・家出人調査についてまとめました。

 

原一探偵事務所の人探し・家出人調査まとめ

 

原一探偵事務所はすべての調査の調査力が高いです。

 

人探し・家出人調査も例外ではないため、信頼して捜索願を原一探偵事務所に出すことができます。

 

おすすめポイントもたくさんあるため、自分の身内や友人が行方不明になった際は、原一探偵事務所の無料相談を利用してみてください。

 

そこで、身内の情報を全て包み隠さず原一探偵事務所に情報提供し、早期発見してもらいましょう。

 

捜索願とは(行方不明者届)

捜索願とは、どのようなものでしょうか。

 

捜索願とは(行方不明者届)

 

自分の家族や、その他関係が深い人が行方不明になってしまった場合、警察に届け出をするのではないでしょうか。

 

その届け出こそが「捜索願」です。

 

警察に「この人を探してください」と申請するための届け出で、この捜索願がないと、警察は行方不明になった人を探してくれません。

 

今回は、捜索願とは(基礎知識)について紹介します。

 

1 捜索願とは?

早速、捜索願について詳しく見ていきましょう。

 

捜索願とは?

 

1-1 捜索願は現在では「行方不明者届」に改名されている?

捜索願は、行方不明になった人が出たときに、警察に届け出を出して「この人を探してください」と申請する届け出のことです。

 

この捜索願は、2010年に施行された行方不明者捜索に関して警視庁からの法案である

「行方不明者発見活動に関する規則」によって、「行方不明者届」と改名されました。

 

改名されてから8年ほど経ちますが、いまだに「捜索願」の名残りが残っている警察署も多いため、捜索願でも行方不明者届でも通じます。

 

1-2 改名されただけで、基本的な捜索願の制度が変わったわけではない

2010年に施行された「行方不明者発見活動に関する規則」によって、

捜索願は行方不明者届に改名されましたが、基本的な扱いについては、捜索願と特に変わっていません。

 

「自分の身近な人が行方不明になったから、行方不明届を出そう」というような単純な気持ちで提出することができます。

 

また、提出時に必要な行方不明者に関する情報や、行方不明者届を出した本人の身分証明証や印鑑が必要であることも変わっていません。

 

1-3 捜索願はとりあえず出しておこう!不安なら探偵にも依頼しましょう!

捜索願(行方不明者届)は、とりあえず警察に提出しておきましょう。

 

行方不明者が事件に巻き込まれていると判断されない場合、積極的な捜索はされませんが、それでも一応捜索願を出しておきましょう。。。

 

警察に捜索願を出したとしても行方不明者が見つかる可能性はありませんが、捜索願を出さない場合は「可能性は0」です。

 

それなら、一応形だけでも出しておいて、0%よりも高い確率を保つようにしてください。

 

また、警察に捜索願を提出した後は、「探偵」にも相談するといいです。

 

どんなに小さな家出だとしても、依頼があれば全力で探し出してくれます。

 

2 捜索願についてまとめ

今回は、捜索願(行方不明者届)について紹介しました。

 

捜索願についてまとめ

 

自分の身近な人間が行方不明になった場合、この行方不明届を警察に提出する必要があります。

 

提出方法に関しては、最悪警察に直接出向いて提出するような形でもいいですが、

持っていかなくてはいけない身分証明証印鑑だけは忘れないでおきたいです。

 

もし、「身内の恥」と思って捜索願を出さなかった場合、いつまで経っても行方不明者を探し出すことができないかもしれません。勇気を出して捜索願の提出を考えてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

探偵Navi!浮気調査や素行調査などおすすめの探偵事務所をナビゲートの注目記事を受け取ろう

捜索願の出し方!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

探偵Navi!浮気調査や素行調査などおすすめの探偵事務所をナビゲートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • Facebookでの人探し方法コツ教えます!