1. TOP
  2. 探偵
  3. 隣人トラブルで引越し!?改善する方法や気を付けるべきポイント!

隣人トラブルで引越し!?改善する方法や気を付けるべきポイント!

探偵   660 Views

隣人トラブルで引越しする時に気を付けるポイントをご紹介!
ただし、引越しする前にやるべきこともあります。

隣人トラブルで引越しするのはあり?

隣人トラブルで引越しをするのはありでしょうか?

 

隣人トラブルで引越しするのはあり?

 

隣人トラブルを起こしてしまい、その隣人と和解するのがどうしても困難な場合、人によっては「引越したほうがいいんじゃないか」と思うのではないでしょうか。

 

隣人トラブルで引越しするのも、嫌がらせなどを受けている場合、自分が快適に過ごす権利を迫害されているため、気持ちはわかります。

 

問題は、隣人トラブルで引越しする場合、購入していた住居や賃貸契約を結んでいた住処がなくなることです。

 

そのため、新しい住居を探さなくてはいけませんし、何よりお金の面も心配です。

 

今回は、隣人トラブルで引越しをする必要があるかどうか、考えてみましょう。

 

1 隣人トラブルで引越しをする人はたくさんいる!

 

隣人トラブルが原因で引越しをする人はたくさんいる!

 

隣人トラブルで引越しをする人はたくさんいます。

 

地域によっては「ご近所付き合いが絶対」という暗黙の了解のようなものがある地域もあります。

 

もし、自分がその地域で隣人トラブルを起こしてしまった場合、その地域全体で浮いてしまい、

今後、地域との関わりに参加できないかもしれません。

隣人トラブルで引越しする場合に多い理由の一つです。

 

もちろん隣人トラブルの直接的な被害者である自分は、そんな相手と関わりたくもないでしょうか、

「子供」や「夫(妻)」に影響が及んだ場合、やや面倒なことになります。

 

小学校や中学校は各地域で一番最寄りの学校に通っている場合がほとんどですが、その地域で自分の一家が浮いている場合、

ご近所の影響で子供がいじめられてしまうかもしれません。

この場合も隣人トラブルで引越しした方が良いですね。

 

もし、自分が社宅などに住んでいる場合も、夫の上司がたくさんいる環境で隣人トラブルを起こすと、夫の社内での立場がなくなってしまいます。

 

そのため、隣人トラブルをダラダラ継続させるのは得策ではなく、出来る限り早く解決したいです。

 

しかし、解決するのではなく、隣人トラブルで引越しを選択する人もたくさんいます。

 

隣人トラブルも引越してしまえば実害は及ばず、余計な争いをするよりは逃げた方が精神的な面では有効ではありますよね。

 

また、隣人トラブルを起こした相手を「地域から追い出したい」と思う人もいるかもしれませんが、

民事上」では、隣人トラブルで引越しを相手にさせるのは難しいです。

 

大抵の物件には「近隣住民の迷惑になる行為を働いた場合、退去になる可能性がある」と記載された契約書がちゃんとありますが、これはなかなか実行されません。

つまり隣人トラブルで引越しを自分がする方が賢明ということです。

 

例えば、テレビでよくやっている「ゴミ屋敷問題」などは、「住民を退去させる」のではなく「大量のゴミをどうするか」で特番されているのではないでしょうか。

 

ゴミ屋敷なんかは本当に迷惑な問題で、最大規模の隣人トラブルであることは間違いありませんが、ゴミ屋敷問題だとしても相手を追い出すことはできないようです。

 

 

入居者の権利の問題で、誰も迫害する権利はありません。

 

これだと、隣人トラブルの加害者のやったもん勝ちのような状況になりますが、こればかりは権利の問題ですので、こちらではどうしようもありません。

 

お金に余裕があって、家族と話し合った末、「引越した方がいい」と判断できる場合は、間違いなく隣人トラブルで引越しも有効な手段ではあります。

 

2 隣人トラブルの引越しは「問題点」がある!?

隣人トラブルで引越しを選択する前にちょっとだけ待ってください。

引越す前にちょっと待って!隣人トラブルの引越しは「問題点」がある!?

 

隣人トラブルの引越しには、いくつか問題点があります。

 

その問題点についても紹介していきます。

 

2-1 隣人トラブルでの引越しは費用がかかる

もし、自分が一人暮らしでそこまでモノがない場合、引越し費用も手間もかかりません。

 

しかし、「家族住まい」の場合はどうでしょうか。家族の人数が増えるほど持っていかなくてはいけない「荷物」が多く、

その分引越し業者に頼むと費用が重なってしまいます。

 

そのため、お金に余裕がないと隣人トラブルで引越しすることができない状況となります。

 

もちろん分割払いなどに対応してくれる引越し業者も存在しますが、長い目で見るとどうせ引越し費用を払わなくてはいけないので、状況は何も変わりません。

隣人トラブルで引越しする時の一番のネックです。

 

2-2 引越した先もどうせ「ご近所さん」は存在する

今回、隣人トラブルで引越しをしたとしても、次の引越し先でまたご近所付き合いを頑張ろうと考えて引越しする人も多いです。

 

希望を持つことはいいのですが、その希望が崩れてしまう可能性もちゃんと考えておきたいです。

 

隣人トラブルで引越した先の人がいい人ばかりならいいのですが、もし、「今回隣人トラブルを起こした相手以上に厄介な隣人トラブルの元を持っている人」がいると考えてみてください。

 

そのような人の近くに住みたいと思いますか?

 

騒音や住居マナーなどの隣人トラブルはよくありますが、その隣人トラブルを根に持って口論になったり、嫌がらせをされる例は稀ではあります。

 

しかし、ちょっとしたきっかけで人間関係が崩れてしまい隣人トラブルの引越しにつながることだってあるわけです。

 

一度隣人トラブルで引越しをしたわけなので、なんとなくわかるのではないでしょうか。

 

2-3 隣人トラブルで引越しした後、前の隣人から嫌がらせを受けるかも?

これに関しては稀なパターンではありますが、「隣人トラブルで引越してからも元の相手から嫌がらせを続ける可能性」も存在します。

 

いわゆる「ストーカー被害」です。

 

たかが隣人トラブルでそこまでする人は本当にごく一部で、稀なケースではありますが、ストーカーが問題視されている現在では、可能性は0ではありません。

 

そのような過激な人物を相手にするのなら、隣人トラブルで引越しすると元の住居にいるよりかは間違いなく安全ですが、引越し先がばれたらどうせ変わりません。

 

元の家と遠く離れた地で暮らす場合、そのストーカー問題はいくらか解消されますが、近場だとストーカーされる可能性はあります。

 

隣人トラブルで引越しを選択する場合は、遠くに引越すようにしましょう。

 

3 隣人トラブルで引越しをするより「探偵」を雇って事件を解決してもらうほうがいい!

 

隣人トラブルで引越しをするより「探偵」を雇って事件を解決してもらうほうがいい!

 

隣人トラブルで引越しをするより「探偵」を雇って事件を解決してもらったほうがいいです。

 

実際に解決している人も多くいます。

そこで、隣人トラブルを探偵に相談・依頼することのおすすめポイントを紹介します。

 

3-1 探偵は自分の被害に関する「証拠」」をゲットしてくれる!

探偵は隣人トラブルの問題も解決してくれます。隣人トラブルで引越しする前に手をうつということですね。

 

例えば、隣人トラブルで口論になり、その後自分に継続して器物破損などの嫌がらせを行っている隣人がいたとしましょう。

 

その隣人は「器物破損」という法律上罰せられる行為を行っているわけなので、証拠さえあれば罰することができます。

 

民事で訴える形になりますが、万が一殴られたり暴言を吐かれた場合、警察も動いてくれるかもしれません。

 

証拠があれば隣人トラブルの相手も自分に何も言い返すことができなくなります。

 

「あなたがやった証拠は持っているので、このまま訴えます」と言えば、客観的証拠を見られて自分が窮地に追いやられることを理解するでしょう。

 

そのため、「隣人トラブルで引越したくない!」「隣人トラブルで引越しをしてもまた問題点があって嫌だ」という人は、探偵を利用してください。

 

隣人トラブルの場合は、大抵「嫌がらせ調査」に分類されます。

 

探偵は主に「尾行」や「張り込み」を駆使して、隣人が自分に攻撃している証拠をゲットして、調査報告書にまとめてくれます。

 

隣人トラブルの場合は、「自分を攻撃している相手がおおよそ特定できている」ので、探偵からしても非常に調査しやすい部類の事件です。

 

そのため、そこまで調査に時間がかかるケースは少なく、費用もそこまでかかりません。

 

どちらかというと隣人トラブルで引越しをする費用や、その後、弁護士を雇う際にかかる費用のほうが大きいです。

 

そもそも、費用面は慰謝料を獲得できることを考えると、そこまで考える必要はありません。

 

前提として、探偵を雇う場合は、「裁判に勝って慰謝料を貰うつもり」で雇ってください。

 

3-2 探偵に「この隣人トラブルは引越したほうがいいです」と言われた場合

引越しの問題点については紹介しましたが、探偵から「この隣人トラブルは引越した方がいい」と言われた場合はどうでしょうか。

 

探偵に隣人トラブルで引越したほうがいいと言われた場合は、素直に従ってください。

 

探偵はストーカーや嫌がらせ問題のプロですので、「相手が危険人物かどうか」は話を聞いただけで判断することができます。

 

そんな探偵が隣人トラブルで引越しを進めるということは「隣人相手がそれほど危険な人物で、引越し費用や手間を考えるより身の安全を優先してください」という意味があります。

 

そんな場合は、隣人トラブルでの引越しではありますが、普通に引越しをして大丈夫です。

 

探偵が「引越したほうがいい」と言わなかった場合でも、自分で探偵に確認してみるといいです。

 

4 隣人トラブルで引越しに関してまとめ

 

隣人トラブルで引越しに関してまとめ

 

今回は、隣人トラブルで引越しすることについて紹介しました。

 

基本的には、隣人トラブルで引越しをすることはおすすめできません。

 

探偵を雇って、根本的な隣人トラブルを解決して、二度と自分と隣人トラブルを起こさないようにしてもらいましょう。

 

探偵は証拠を掴み取ってくれますので、客観的に見て「自分が嫌がらせを受けている」とわかってもらえるため、法的に自分が有利になります。

 

しかし、探偵から「引越したほうがいい」と言われた場合に限り、引越しをするようにしてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

探偵Navi!浮気調査や素行調査などおすすめの探偵事務所をナビゲートの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

探偵Navi!浮気調査や素行調査などおすすめの探偵事務所をナビゲートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • 【告白】原一探偵事務所の口コミ体験談!詐欺に遭わない?金額が高いって本当?徹底調査!

  • 浮気調査 探偵の費用・料金相場は?実際に依頼した口コミリアル体験レビュー!

  • 興信所の料金と相場【浮気・身辺調査・人探し】失敗する前に必読!

  • 【暴露】隣人トラブルでニュースに!嘘のような本当にあった野良猫事件

  • 隣人トラブルでマンションを売却!告知義務や注意すべきポイント

  • 探偵になるには必要な資格や学校って?