1. TOP
  2. 探偵
  3. 【暴露】隣人トラブルでニュースに!嘘のような本当にあった野良猫事件

【暴露】隣人トラブルでニュースに!嘘のような本当にあった野良猫事件

探偵   14 Views

隣人トラブルでニュースになってしまう程ひどい場合もあります。

自分の身に降りかからないように参考にしてください。

隣人トラブルでニュースになった野良猫事件

隣人トラブルでニュースになった話を紹介します。

 

ニュースになった隣人トラブル

 

隣人トラブルは円満に解決するものばかりではありません。

 

人間関係のすれちがいですので、相手は当然自分のことをよく思っていないわけです。

 

一つ間違えてしまうと、隣人トラブルでニュースになる時もあります。

 

もし、「嫌いな人間をなんとしても排除しよう」という考えを持っている人間が相手なら、自分に危害を加えるかもしれません。

 

自分がどんなに正しくても、相手の暴力によって殺されてしまっては、本当に何も残りません。

 

そうならないように、隣人トラブルはニュースなどになる前に早めに解決しておきたいです。

 

そこで今回は実際に、隣人トラブルでニュースになってしまった話を紹介します。

 

1 隣人トラブルニュースで「野良猫の餌付け」が元となった話

 

「野良猫の餌付け」が元となった隣人トラブルニュース

 

紹介する隣人トラブルのニュース1つ目は、「野良猫の餌付け」に関する隣人トラブルです。

 

ただ、野良猫に餌付けをするなと注意しただけなのに、最終的に注意した人が殺されてしまう、なんとも胸糞悪い事件です。

 

当然、全国規模の隣人トラブルのニュースで、隣人トラブルの中でも有名な話です。

 

1-1 隣人トラブルのニュース(事件概要)

5日午後3時40分ごろ川崎市川崎区浜町3のアパート2階外廊下で、同所の無職、高田正雄容疑者(69)が、

サバイバルナイフ(刃渡り16.5センチ)などで大家の片野文也さん(76)の背中や首を刺し、義理の娘由美さん(42)の顔を切るなどした。

 

110番で駆け付けた神奈川県警川崎臨港署員が、刃物を持っていた高田容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 

野良猫の餌やりを注意され口論になった。(刺したのは)覚えていない。」と供述している。

 

片野さんは約1時間後に死亡し、殺人容疑に切り替えて調べる。

 

この隣人トラブルニュースの警察の調べでは、由美さんは軽傷。高田容疑者は酒を飲んでおり、自室からナイフを持ち出していた。

 

前日も片野さんから野良猫に餌をやらないよう注意されたため、腹をたてたらしい。

 

隣人トラブルニュース(毎日新聞 2008年6月6日 1時00分)

引用:http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/gyousei-kawasakikuhokenzyo2008.6-7.htm

 

1-2 隣人トラブルニュースの背景
この隣人トラブルニュースは、「野良猫の餌付けを注意されて隣人トラブルになった」ことが原因の殺人事件です。

 

事件は10年以上前のものではありますが、現在でも野良猫の餌付けや自身のペット飼育に関する隣人トラブルでのニュースは後を絶ちません。

 

この隣人トラブルニュースの例では、野良猫の糞尿被害を疎ましく思っていたマンションの住民の総意を、大家さんが代表して伝えに行った際、口論となっています。

 

野良猫の餌付けは、野良猫にとってはいいものかもしれませんが、一部の人間にとっては迷惑に感じる行為です。

 

なぜなら、野良猫が糞尿を自分たちの庭や敷地内にまき散らす可能性があるからです。

 

餌付けは野良猫活性化や繁殖の手伝いをしている行為となり、猫が嫌いな人や庭を汚されたくない人にとっては、たまったものではありません。

 

これも立派な「注意されるべきこと」なのに、その注意に逆上して隣人トラブルになりニュースになるほどの殺人事件として取り上げられました。

 

この隣人トラブルニュースでも原因はどうであれ、「自分と意見が違うものを殺害した」ことには変わりなく、

このような隣人と隣人トラブルになってしまったらと考えると、他人事ではありませんよね。

 

2 隣人トラブルニュースで「子供の騒音トラブル」が元となった話

 

「子供の騒音トラブル」が元となった隣人トラブルニュース

 

隣人トラブルでニュースになった2つ目は、子供の騒音が元となった隣人トラブルです。

 

非常に有名な隣人トラブルでニュースで、当時の人間は「え?そんなことで殺人?」と思ったことでしょう。

 

2-1 隣人トラブルニュースの事件概要

この隣人トラブルニュースは兵庫県尼崎市の路上で男にハンマーや包丁で襲われ、同市の足立千春さん(33)が死亡、母親の西初子さん(61)が重体となった事件で、

2人はともに胸から腹にかけて複数の刺し傷があったことが20日分かった。

 

隣人トラブルニュースによると尼崎東署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された無職、豊島速夫容疑者(67)が、

同じ集合住宅の上階に住む西さんとの間の騒音トラブルから事件を計画し、強い殺意を持っていた疑いがあるとみて捜査しているとありました。

 

この隣人トラブルニュースでは、豊島容疑者は集合住宅の1階、西さんは2階に居住し、容疑者は「2階の物音がうるさかった」と供述。

 

近所の住民らは、西さんの孫の足音を巡って豊島容疑者とトラブルとなり、防音のため部屋にマットを敷くなどしていたと証言している。

 

引用:https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160520/dms1605201533018-n1.htm

 

2-2 隣人トラブルニュースの事件背景

この隣人トラブルニュースも(正確に言うと隣人ではなく、同集合住宅の近隣トラブルですが)が原因で、よくある「騒音」についての隣人トラブルでした。

 

加害者の男性は元々上の階に住んでいる被害者の子供の足音について注意していたのですが、改善が見られずイライラして殺害した隣人トラブルニュースです。

 

被害者宅が騒音を改善しようとしたかどうかは定かではありませんが、これは明らかにやりすぎですよね。

 

自分の生活スペースにあらぬ騒音を立てられた場合、誰もがイライラするかもしれませんが、普通の人なら「相手を殺そう」という発想にはなりません。

 

しかし、この隣人トラブルニュースのように突発的にカッとなって手を出す人間や、嫌がらせを行う人間がいないわけではありません。

 

この事件に関して言えば、結果的に殺人事件にまで発展しています。騒音を立てないことはもちろんですが、

もしやむを得ない場合は、なんらかの対策を取った方がいいです。

 

それでもクレームがやまない場合は、隣人トラブルでニュース報道されるくらいに発展する可能性を考え、その前に警察や弁護士に相談するようにしたいです。

 

隣人トラブルが引き金で自分が被害者となってニュースに出ることだけは避けたいです。

 

3 隣人トラブルニュースまとめ

 

ニュース沙汰になった隣人トラブルまとめ

 

隣人トラブルでニュース沙汰になったものを2つ紹介しました。

 

隣人トラブル ニュースの1つ目に関しては、「隣人トラブルの加害者」が注意されたことによって腹を立てたことによる殺人です。

 

このような行動を取る人は稀ですが、可能性のひとつとして考えておきましょう。

 

口頭注意よりも、弁護士や探偵に相談したほうがいいかもしれません。2つ目の隣人トラブルニュースはよくある騒音ですが、

隣人トラブルの被害者」が手を出したパターンです。

 

自分が原因の隣人トラブルはできるだけ解消して、このような被害に遭わないようにしたいです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

探偵Navi!浮気調査や素行調査などおすすめの探偵事務所をナビゲートの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

探偵Navi!浮気調査や素行調査などおすすめの探偵事務所をナビゲートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • 隣人トラブルで引越し!?改善する方法や気を付けるべきポイント!

  • 探偵になるには必要な資格や学校って?

  • 興信所の料金と相場【浮気・身辺調査・人探し】失敗する前に必読!

  • 浮気調査 探偵の費用・料金相場は?実際に依頼した口コミリアル体験レビュー!

  • 【告白】原一探偵事務所の口コミ体験談!詐欺に遭わない?金額が高いって本当?徹底調査!

  • 隣人トラブルでマンションを売却!告知義務や注意すべきポイント